クレヨンケースの代用アイデア5選!家にあるもので簡単リメイク

クレヨンケースがボロボロになってしまった経験はありませんか?特に子どもが使うものは、すぐに壊れてしまうことが多いですよね。でも、新しいケースを買うのはもったいないし、できれば家にあるもので簡単にリメイクしたいものです。この記事では、クレヨンケースの代用品として使えるアイデアを5つご紹介します。どれも手軽にできる方法ばかりなので、ぜひ試してみてください。

折り紙で作るクレヨンケース

折り紙を使ってクレヨンケースを作る方法は、手軽でありながらもおしゃれな仕上がりになります。まず、好きな色や柄の折り紙を用意します。次に、折り紙を適切なサイズにカットし、クレヨンが収まるように折りたたみます。折り紙の強度を増すために、セロハンテープやマスキングテープで補強すると良いでしょう。さらに、デコレーションを加えることで、オリジナルのクレヨンケースが完成します。子どもと一緒に作ると、楽しみながら作業が進むのでおすすめです。

100円ショップのアイテムでリメイク

100円ショップには、クレヨンケースの代用品として使えるアイテムがたくさんあります。例えば、プラスチックの小物入れや、ジッパー付きのビニール袋などが便利です。これらのアイテムは、クレヨンをしっかりと保護し、持ち運びにも適しています。また、100円ショップで手に入るデコレーションシールやステッカーを使って、自分だけのオリジナルケースに仕上げることも可能です。手軽に手に入るアイテムで、クレヨンケースをリメイクしてみましょう。

手作りの布製クレヨンケース

布を使ってクレヨンケースを手作りする方法もあります。まず、使わなくなった布や古いシャツを用意します。布を適切なサイズにカットし、クレヨンが収まるようにポケットを縫い付けます。布製のクレヨンケースは、柔らかくて持ち運びやすいのが特徴です。また、洗濯もできるので、汚れても安心です。手作りの布製クレヨンケースは、個性的で温かみのある仕上がりになるので、プレゼントにも最適です。

再利用できる家庭用品を活用

家庭にある再利用できるアイテムを使って、クレヨンケースを作る方法もあります。例えば、空き箱や缶、プラスチック容器などが使えます。これらのアイテムをクレヨンのサイズに合わせてカットし、内側に布や紙を貼ってクレヨンが傷つかないようにします。さらに、外側をデコレーションすることで、見た目もおしゃれなクレヨンケースが完成します。家庭にあるものを再利用することで、エコにも貢献できます。

クレヨンケースのメンテナンス方法

クレヨンケースを長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが必要です。まず、クレヨンの汚れを取り除くために、柔らかい布やティッシュで拭き取ります。しつこい汚れには、ベビーオイルやクレンジングオイルを少量使うと効果的です。また、ケース自体も定期的に掃除し、破れやすい部分を補強することで、長く使うことができます。メンテナンスを怠らずに行うことで、クレヨンケースを清潔に保ち、長持ちさせることができます。

まとめ

クレヨンケースが壊れてしまったときでも、家にあるもので簡単にリメイクすることができます。折り紙や100円ショップのアイテム、布や家庭用品を使って、自分だけのオリジナルクレヨンケースを作ってみましょう。また、定期的なメンテナンスを行うことで、クレヨンケースを長持ちさせることができます。ぜひ、この記事を参考にして、クレヨンケースのリメイクに挑戦してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました